Entry: main  << >>
(米沢藩最後の藩主)が沖縄県令として活躍と琉球王朝記を読んでいたら首里城の火災
0

    (米沢藩最後の藩主)が沖縄県令として活躍と琉球王朝記を読んでいたら首里城の火災

    上杉茂憲(もち のり)が沖縄県県令として赴任、最後の米沢藩主上杉茂憲(もち のり

    の足跡とその過程をそして、当時の沖縄についてしりました、そして琉球王朝記を読んで

    いたら首里城の火災が発生いたしました。首里城が、火災により正殿をはじめ少なくとも

    7棟が全焼しました。琉球の歴史を物語るシンボルを失ったこの火災に対し、県内外より

    首里城の修復再建に向けた励ましや支援があり私も個人的のご支援させて頂きました。。

     

     

    | はせちゃん | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback