Entry: main  << >>
週末から、雪マークです・・・冬用のスノータイヤの交換はお早目に
0

    凍結路面でスリップし後続車の進路を塞ぎ追突された時の過失割合

    冬の事故でこちら(A)が走行中スリップしてしまい、後続車(B)が追突。

    こちら(A)の言い分・・・交通ルール「後続車は前方車がどんな形で止まっても

    (道をふさごうとも)その手前で止まれる車間距離とスピードで走行しなくてはいけない。」
    後続車(B)の言い分・・・交通ルール「前方車は後続車の走行を妨げてはいけない」
    ちなみに、現在過失割合が私(前方車)●:相手(後続車)●とか。。。

    凍結路面でスリップし後続車の進路を塞ぎ追突された時の過失割合
    妥当でしょうか???

    補足事故状況について補足します。A(前方車)がスリップして左側の路側帯に乗り上げた

    直後に後続車が驚いてブレーキを踏み同じくスリップしてAに追突してしまったのです。

    凍結した路面なので追突されたとはいえ、後続車の方も可哀想ですが、

    過失割合は◎:◎は・・・どうなんでしょうか?

    田舎の道で速度を出しすぎた、前方車がスリップをして道路をふさぎ慌てた後続車が

    急ブレーキを踏みこみそのままスリップをして追突をする事故がありました。

    急な事故でお互いに慌てられました・・・どちらが悪いのかな

    雪道での事故は、タイヤがノーマルの場合・カーブ等見通しの悪い場所・

    道路を塞いだ状態・スリップをした前方車との時間的経過・天候状態

    事故発生の原因が色々ありイチガイに何対何とは言えないようですが追突した車が

    基本的に悪い場合が、兎に角・車間をとって安全運転に心がけて下さい。

    | はせちゃん | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode